産業カウンセラーってどんな資格?合格率や試験内容は?

まえがき

産業カウンセラーとはどんな資格か?

「産業カウンセラーとはどんな資格で、どのような仕事をするのか?」その特徴と、資格取得の方法合格率を中心に分かりやすく解説します。資格取得にかかる費用や、活躍のフィールドもご紹介します。

産業カウンセラーってなんだ?どんな資格?

産業カウンセラーは働く人の心の援助をする専門家です。産業分野を主な活躍の場としているので労務知識(労働基準法など)にも明るい点が強みです。

国家資格ではなく民間資格ではありますが、とても認知度が高い心理カウンセラーの資格です。

受験のハードルも低く、働きながらでも比較的簡単に取得できます。

尚、「シニア産業カウンセラー」という産業カウンセラーの上位資格もあります。

 

⇒「産業カウンセラー以外の資格取得も含めて、心理カウンセラーを目指したい」という方は、心理カウンセラーになるには?を合わせてご参照下さい。

 

仕事内容

産業カウンセラーはカウンセリングを行うだけではなく、職場のメンタルヘルス対策人間関係開発への援助も行います。さらに、特徴的なのは心の問題だけではなく、キャリア開発の支援も行う点です。

そのため、国家資格であるキャリアコンサルタントを合わせて取得し、キャリア形成支援の専門性を追求することもできます。

補足&ポイント

「人間関係開発」とは、例えば管理職と一般社員の関係改善やソーシャルスキルトレーニング(人との関り方の訓練)の実施などを意味します。また、「メンタルヘルス対策」の例としては管理職に対するメンタルヘルス管理の助言・指導を挙げることができます。

どんなカウンセリングをするのか?

臨床心理士のように心の病気を治療するというよりむしろ、「眠れない」、「疲れやすい」、「イライラする」といった精神疾患の一次予防を行います。

また、心理カウンセリングに加え、キャリアカウンセリングも行います。

補足&ポイント

意外と知られていませんがキャリアカウンセリングにも「心の援助をするスキル」が求められます。そのため、キャリアの相談を専門に行っている方でも、心理的問題に対処する能力を得るために産業カウンセラーを取得することがあります。

雇用の不安定化や成果主義の導入等によりストレスから体調を崩す人は年々増加傾向にあります。そのため、うつ病などの心の病気をいかに防ぐかは企業にとって重要な課題です。

産業カウンセラーはカウンセリングを通じて、こうした心の問題に向き合います。

どんな職場で活躍しているのか?

企業の人事部や総務部、転職支援会社、再就職支援会社といった産業領域に加え、学校、医療機関、ハローワークといった職場でも活躍しています。

メリット

カウンセリングの技能を学ぶことで、コミュニケーション能力を大きく向上させることができます。

カウンセリング理論に裏打ちされた高度なコミュニケーションの技術は、職場内だけではなく、プライベートな人間関係を改善することにも驚くほど役立ちます。

さらに、人事担当者や研修担当者としてのスキルアップにも役立ちます。

また、養成講座を通じて、「仲間との出会い」がある点も大きな魅力です。

資格を取得して産業カウンセラーになるには?

産業カウンセラーの合格率

養成講座を修了すれば誰でも産業カウンセラーになれる

心理職の資格は大学院の卒業が必要なものが多いですが、産業カウンセラーは養成講座を卒業するだけで、受験資格を得ることができます(もちろん学歴不問です)。養成講座は北海道から沖縄まで日本全国にあります。

心理カウンセラーの代表的な資格なのにもかかわらず取得難易度が低いことが大きな特徴です。

また、産業カウンセラー養成講座には通信講座も用意されているので、仕事をしながらでも取得しやすい資格です。

補足&ポイント

通信講座ではテキストを読み、添削問題を解いたり、DVD視聴を通じて、在宅学習をします。また通信でも年間約16日間の通学(スクーリング)があります。

合格率

年度によっても異なりますが、合格率は約70%弱です。

費用

資格取得費用の総額は287,800円です。

内訳は以下のようになります。

  • 養成講座の受講料:通学の場合248,400円、通信の場合226,800円
  • 受験料:32,400円
  • 資格登録料:7,000円

期間

資格取得に必要な期間は7カ月~1年です。

養成講座ではどんなことを勉強するの?

臨床心理学に加え、傾聴(けいちょう)を中心としたカウンセリングの技術を学びます。

通学、通信に関わらず、実際にカウンセリングの実技講習を受けます。

カウンセリングの実技講習を受けることができる点は養成講座に通う大きなメリットですね。

補足&ポイント

「傾聴」は全てのカウンセリングに共通する最も基本的な技術で、ただ単に話を聞くのではなく、全面的に相談者の話に集中し、より深く聞くための技術です。傾聴されると相談者は理解し受け入れられたと感じ、悩みや不安が軽減されます。お勧めの参考図書は『マンガでやさしくわかる傾聴』です。

試験内容

試験にはカウンセリング、キャリアカウンセリング、臨床心理学、労働法令、精神医学などが出題されます。

より詳細な試験内容は一般社団法人日本産業カウンセラー協会の産業カウンセラー試験のページで確認できます。

関連記事

 

スポンサードリンク



お勧め書籍

マンガでやさしくわかる傾聴

↑Amazonで最も人気のある傾聴の入門書。産業カウンセラーにとって最も重要なスキルである傾聴のスキルを学ぶのに最適な一冊です。これから養成講座を受講する上での予習としても役立ちます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA