臨床心理士になるには?資格の取得方法を徹底解説!

まえがき

この記事を読めば、臨床心理士の資格取得に必要な知識を全て知ることができます。是非、参考にしていただければ幸いです。

臨床心理士とは

臨床心理士は心理学の方法を使って心の問題を解決する専門家です。この資格は国家資格ではなく民間資格ではありますが、非常に人気のある資格です。

また、臨床心理士の資格を取得するには原則として心理学の大学院を卒業する必要がある点が大きな特徴です。

補足&ポイント

2015年度より心理カウンセラーの国家資格「公認心理師」が誕生しました。公認心理師の第一回試験は2018年度からですが、求められる専門性の高さ、高い資格取得難易度から、公認心理師は今後、臨床心理士と並ぶ心理職の資格と位置付けられる見込みです。

臨床心理士とはどんな資格か?

臨床心理士は文部科学省が許可した「公益財団法人・日本臨床心理士資格認定協会」が認定する資格で、心理カウンセラーの資格として最も認知度があり、非常に高く評価されている資格です。同時に心理の資格の中では最も取得難易度の高い資格でもあります。

実際、病院など高い専門性が求められる職場では、臨床心理士が心の病気の治療にあたっているケースがほとんどです。

それくらい臨床心理士の持つ専門知識は社会的に高く評価されています。

臨床心理士はスクールカウンセラーの資格でもある

臨床心理士はスクールカウンセラーの条件でもある

文部科学省はスクールカウンセラーの条件として、「臨床心理士の資格を持っていること」を挙げています。

将来、小中学校、高校、大学などで、「スクールカウンセラーになりたい!」という方は、この資格の取得を目指すといいでしょう。

臨床心理士の活躍の場

臨床心理士は医療、教育、福祉、司法、産業、大学など多くの分野で活躍しています。また、個人開業を目指せる資格でもあります。

具体的には臨床心理士は以下のような職場で活躍しています。

  • 病院の精神科や小児科、街のクリニック、精神保健福祉センター
  • スクールカウンセラー、学生相談室、教育相談所
  • 児童相談所、高齢者福祉施設
  • 家庭裁判所、刑務所
  • 企業内の心理相談室
  • 大学などの研究機関
  • カウンセリングセンター

臨床心理士の主な仕事内容

心理カウンセラーの資格と聞くと「カウンセリングをするための資格」とイメージされがちですが、臨床心理士の主な仕事内容はカウンセリングだけではありません。

臨床心理士の主な仕事内容は以下の4つです。

  1. 臨床心理査定(簡単に言えば心理テストを実施すること。)
  2. カウンセリング(一対一の面接で心理療法などの相談援助を行うこと。)
  3. 地域援助(職場や地域社会といった”組織”を対象に心の健康に関する情報提供を行うこと。)
  4. 調査研究活動(学会に所属して研究発表を行うこと。)

より詳しい仕事内容を知りたい方は1分でわかる!臨床心理士の仕事内容をご覧下さい。

臨床心理士の受験資格

臨床心理士の資格を取得するには?

受験資格には5つのパターンがあります。

  1. 協会が許可する第一種指定大学院を修了
  2. 協会が許可する第二種指定大学院を修了+心理臨床の実務経験1年以上
  3. 臨床心理士養成のための専門職大学院を修了
  4. 海外で第一種、第二種指定校と同等の教育を受ける+心理臨床の実務経験2年以上
  5. 医師免許取得+心理臨床の実務経験2年以上

この1~5の受験資格の中で、心理臨床の実務経験が不要なものは、1と3です。

この2つのルートを通って、臨床心理士の資格取得を目指す方が多いと思いますので、順に解説しますね。

補足&ポイント

上記2,3,5には「心理臨床の実務経験〇年以上」とあります。この実務経験とは教育相談機関、病院などの医療施設、心理相談機関などで《有償で》心理臨床に携わる経験を指します。そのため、ボランティア・カウンセラーとしての経験や研修などは実務経験には含まれません。

「第一種指定大学院を修了」について

協会(日本臨床心理士資格認定協会)が認定する大学院には2種類あります。第一種指定大学院と第二種指定大学院です。この2つの違いは実務経験が必要か否かです。

第一種指定大学院を修了すれば、実務経験無しでも、受験資格を得ることができます。

第一種指定大学院は2018年時点で日本全国に159校存在します。

この159校の詳細については指定大学院臨床心理学専攻(コース)一覧をご覧下さい。

「臨床心理士養成のための専門職大学院を修了」について

第一種指定大学院以外にも実務経験なしで受験資格を得られる学校があります。それが臨床心理士養成のための専門職大学院です。

2018年時点での「臨床心理士養成のための専門職大学院」は、以下の6校です。

  1. 九州大学大学院・人間環境学府・実践臨床心理学専攻
  2. 鹿児島大学大学院・臨床心理学研究科・臨床心理学専攻
  3. 広島国際大学大学院・心理科学研究科 ・実践臨床心理学専攻
  4. 帝塚山学院大学大学院・人間科学研究科・臨床心理学専攻
  5. 関西大学大学院・心理学研究科・心理臨床学専攻
  6. 帝京平成大学大学院・臨床心理学研究科・臨床心理学専攻

学部はどこでもいいのか?非心理学部から大学院を目指せるのか?

心理学部以外の学部からでも心理学の大学院を卒業できるのか

臨床心理士の受験資格に学部は無関係です。

そのため、法学部や経済学部など心理学とは無関係な学部学科を卒業した場合でも、指定の大学院を修了すれば受験資格を得られます。

しかし、現実的には心理学部・心理学科を卒業せずに、指定大学院を修了するにの不可能ではないにせよ、困難な道です。

当然、大学院の入試では、臨床心理学だけではなく、心理学の基礎知識全般が求められます。また、大学院での教育も「心理学の基礎知識があり、心理学的な調査研究方法を理解していること」を前提に行われます。

従って、現在、高校生や浪人生の方で、臨床心理士の取得を目指す方は、学部でも心理学部・心理学科を目指すようにしましょう。既に他学部に入学されている方であれば、心理学部・心理学科への編入を検討してみるのも一手です。

補足&ポイント

現在、高校生や浪人生の方で、臨床心理士ではなく国家資格である「公認心理師」を目指したい方は”公認心理師に対応したカリキュラムを新たに立ち上げる予定”のある心理学部・心理学科を受験した方が良いでしょう。例えば関西学院大学・文学部総合心理科学科、札幌学院大学・心理学部、武蔵野大学・人間科学部、日本大学・文理学部心理学科、明治学院大学・心理学部心理学科など公認心理師に対応したカリキュラムを設置している大学はたくさんあります。志望大学がそうしたカリキュラムを準備しているか。公式ホームページや電話でチェックしておきましょう

また、今現在、社会人や主婦の方であれば、もちろん独学で心理学を勉強して、大学院入試をクリアする方法もありますが、臨床心理士指定大学院入試のための予備校に通うのも一手です。

こうした予備校としては河合塾KALS、LEC東京リーガルマインド、中央ゼミナール等が有名です。

また、社会人や主婦の方で「臨床心理士はハードルが高すぎる!」とお悩みの方は高卒・社会人で資格を取得し心理カウンセラーになる方法という記事が参考になります。

試験概要

臨床心理士の試験は、「試験」ではなく「資格審査」と呼ばれます。

資格審査の内容は、下記のように2段階になっています。

  1. 一次試験(筆記)・・・選択問題と論文記述試験です。
  2. 二次試験(面接)・・・2名の面接委員による口述試験です。

一次試験について

一次試験は筆記試験で、例年ではマークシート形式の選択問題が100問と論文記述試験が出題されます。この試験では心理学の基礎や臨床心理士として最低限理解しておくべき知識が問われます。

論文記述試験では1,001~1,200文字の範囲で、「心理臨床に関する1題のテーマ」が出題されます。

二次試験について

二次試験は一次試験合格者のみが受験でき、口述面接試験です。面接官は2名で、専門知識や技術習熟度に加え、「臨床心理士としての基本的な姿勢」、「人間関係能力」等が問われます。また、今後どのようなことをしていきたいかといった質問もあるようです。

 

資格審査の詳細に関しては資格審査の実施をご覧下さい。

交付手続き

合格後は忘れずに認定証書の交付手続きを行います。この認定証書の交付が完了すると晴れて臨床心理士としての資格認定がなされます。

更新について

心の専門家としての能力を維持するため、資格取得後5年ごとの更新が必要です。実務や研修参加などをポイント換算し、基準をクリアすることで更新を行うことができます。

まとめ

臨床心理士や公認心理師は基本的に大学院の卒業が必要な心理の資格です。

しかし、合格難易度が高い分、信頼性に優れた有望な資格です。

この記事が心理カウンセラーや心理職を志す方のお役に立てたならば、筆者としては望外の喜びであります。

末筆ではございますが、読者様のご健勝を心より祈念申し上げます。

関連記事

スポンサードリンク



オススメ書籍

心理の専門職に就く上で、最も基礎となるのが傾聴のスキルです。傾聴とはただ聞くのではなく、より深く相手の話を聞きとるための技術です。傾聴の技法は、カウンセリングの基礎であるだけではなく、あらゆるコミュニケーション・シーンで驚くほど役立ちます。傾聴は家族関係、恋愛、友人関係、職場でのコミュニケーションなどで、物凄く役立つものなのです。

そこで、傾聴の入門書として今、Amazonで最も評価されている『マンガでやさしくわかる傾聴』をお勧め致します。

この本は傾聴についての最高にわかりやすい一冊です。漫画で解説しているからといって侮るなかれ、内容は本格的です。この本を読めば、傾聴という技術の素晴らしさに気づくだけではなく、実践力も身につきます。初心者だけではなく、多少は傾聴について学んだことがある人にも役立つ一冊です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA