【Excel VBA】セルの指定/範囲選択/セルへの入力

Excel VBAで操作するセルを指定するには

Excel VBAにおいて操作するセルを指定するにはRangeプロパティCellsプロパティを利用します。

Rangeプロパティで単一のセルを指定するには

例えばA1セルを指定する場合はRange(“A1”)と書きます。

Rangeプロパティで複数のセルを範囲選択するには

Rangeプロパティを使って複数のセルを範囲選択するには、Range(“始点セル:終点セル”)と書きます。

例えば、A1セル~C3セルを範囲指定するには以下のようにします。

上記のサンプルコードの実行結果は次のようになります。

Rangeプロパティでセルを範囲指定する方法

尚、~.SelectはSelectメソッドと呼ばれ、マウスを使ってセルを指定するのと同じように、セルを選択する命令です。

Cellsプロパティで単一のセルを表すには

Cellsプロパティで任意のセルを表すにはCells(行番号,列番号)と書きます。例えばA1セルはCells(1,1)です。A2セルは2行目の1列目なので、Cells(2,1)で表すことができます。

セルにデータを入力するには

セルにデータを入力するにはValueプロパティを使います。Valueプロパティはセルに入力されているデータを表すプロパティです。

例えばA1セルにvbaという文字列を代入するには、Range(“A1″).Value=”vba”と書きます。Cellsを使って、セルを指定する場合はValueプロパティを省略して、Cells(1,1)=”vba”と書きます。この2つのコードは全く同じ意味です。

もちろん、Cells(1,1).Value=”vba”のように、Valueプロパティを明示しても構いません。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA