独立開業を目指す心理カウンセラーの必須知識7選

まえがき

心理カウンセラーとして独立開業する方法

この記事を読めば独立開業を成功させ、心理カウンセラーとして活躍するための強力なノウハウを学ぶことができます。起業するにあたり絶対知っておくべき必須知識を集めました。カウンセリングルームの開業にあたり、コンセプトを策定し、ほぼ無料で十分な集客を実現する方法を丁寧にご説明いたします。

1、軌道にのるまでの生活費や維持費を用意しておく

心理カウンセラーとしての独立開業にあたり、最初の1年は売上0円と想定し、必要な生活費やカウンセリングルームの維持費を準備しておきます。また本業のカウンセリングで稼げるようになるまでの間、夜間に短時間のアルバイトをして日銭を稼ぐようにすれば、よりゆったりと独立開業できます。

2、SWOT分析をしておく

SWOT分析とは強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) を明らかにすることです。

SWOT分析はこの後で説明するコンセプトの立案に役立つだけではなく、心理カウンセラーとして独立開業を成功させるための各種施策に優先順位をつけるのにも有用です。

強みは目標達成に役立つ個人の能力を意味し、弱みは目標達成の壁となる個人の能力を意味します。一方、機会は目標達成に有益な外部要因を意味し、脅威は目標達成の壁となる外部要因を意味します。

例えば、以下のように分析を実施します。

  • 強み:臨床心理士としての豊富な実務経験。
  • 弱み:認知行動療法が苦手。
  • 機会:自宅周辺には競合他社が少ない。
  • 脅威:自宅周辺のカウンセリング需要が少ない。

その上で、①致命的な弱みを解決すること。②致命的な脅威に対策を講じておくこと。③強みをさらに伸ばすこと。の3つの施策を展開します。

致命的ではない弱みや致命的ではない脅威は後回しにして構いません。

3、コンセプトを明確にする

SWOT分析の結果を参考にカウンセリングルーム開業のコンセプトを立案します。具体的には、①どんなカウンセリングを提供するのか。②どんなクライエントをメインターゲットにするのか。③一番の売りはどんなものか。を決めます。

当然、強みを最大限に活かし、弱みの影響力を最小化するようなプランを考えます。

ここで決めたコンセプトは後述する「8、WEB時代の集客戦略」を左右する重要なマーケティング戦略です。

4、差別化策を考えておく

経営は競争です。競争優位を確立できなければ十分な収入を得ることはできません。競争優位の源泉は差別化策です。HPなどを見て、他のカウンセリングルームを分析し、どんな差別化ができそうか考えます。

5、絶対に簿記の勉強はしておく

経営者の必須知識は簿記です。日商簿記3級レベルの知識があれば万全です。資格を取得する必要はありません。簿記の知識だけ身に付ければOKです。簿記を知らずに独立開業することは、丸腰で戦場に行くくらい無謀です。

6、経営者の一番大切な仕事は節約

なぜ節約が一番重要なのか?

売上がオフェンスならば節約はディフェンスです。攻撃と守備は同じぐらい重要です。サッカーの試合で3点入れても5点失点すれば大負けです。売上が水ならば、節約はバケツに空いた穴です。どんなに稼いでも穴が大きければ収益0円と一緒です。

売上は必ずしも思い通りにコントロールできませんが、節約はいくらでもコントロール可能です。印刷用紙を数枚無駄にするだけで、商品価格(サービス価格)が1円上がります。

どのくらい節約すればいいのか?

「え?そこまでやるの?」では足りない。もっと節約の工夫を追求します。できる経営者は「あれ?10年前に買ったホチキスがない!」と30分以上は騒ぎ立てる経営者です。

カウンセラー開業における節約のポイント

固定費を徹底的に減らします。事務所は自宅を使い、カウンセリングは貸会議室などを利用します。もちろん、どうしても必要であれば事務所を借りても問題ありませんが、特殊な事情が無い限り物権は借りないようにします。

電話は必ず格安SIMにします。

プリンタは本体価格ではなく、インク代も含めたランニングコストで最安値のものを選びます。

7、WEB時代の集客戦略

集客の基本はサービスが購入される理由を増やし、不買要因を減らすことです。

まずは見込み客があなたのサービスを購入する理由をリストアップします。次に不買要因をリストアップします。そしてどうしたら購入理由を増やせるか、完全に解消できないにせよ、どうしたら不買要因を緩和できるかを考えます。

カウンセリングというサービスにおいて重要なのは「信頼できそう」という印象です。見込み客との間に信頼関係を築く方法は1つしかありません。それはブログで見込み客の生活の質を向上させるような有益なコンテンツを発信することです。質に徹底的にこだわったブログ記事を書きます。

このブログがWEB時代の集客の戦略の要であり、心理カウンセラーとしての独立開業の成否を左右する最大の要因です。

有料のネット広告に頼ってはいけません。顧客獲得単価が非常に高いのもデメリットですが、なにより広告経由のアクセスには信頼がありません。一方、ブログ記事に感銘を受けた結果の申し込みには既に信頼関係の下地ができています。

独自ドメインを取得しレンタルサーバーを借りる

無料ブログで集客しようとしても失敗します。無料ブログはアクセスを集めるのが難しいだけではなく、デザインのカスタマイズが難しいので集客には不向きです。さらに勝手に広告が表示されてしまうので見込み客にうさんくさい印象を与えてしまいます。

独自ドメイン(~.com)を取得し、レンタルサーバーを借りる費用は月に2,000円程度です。独自ドメインはお名前.comというサイトで取得できます。レンタルサーバーはロリポップというサービスがお勧めです。ロリポップは物凄く分かりやすいマニュアルが充実していますし、安い上に、安定性も抜群です。

ホームページ制作の知識が無くても大丈夫!

ホームページの作り方が全く分からなくても心配ありません。WordPressというソフトをレンタルサーバーにインストールすれば、ワープロソフト感覚で見栄えの良いホームページとブログを同時に構築できます。

先ほどご紹介したロリポップというレンタルサーバーであればボタン1つでWordPressをインストールできます。WordPressの使い方については参考書を1冊購入すれば問題ありません。いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方という書籍を購入すれば知識ゼロからでも1週間程度でホームページとブログの両方を公開できるでしょう。

間違ってもホームページ業者に大金を払うようなことはやめましょう。

驚くほど集客力の高いブログを作る

ブログを使えば見込み客を無料で集めることができます(サーバーの費用などは多少かかりますが…)。そのためには、ユーザーの生活の質を向上させるような、質の高いコンテンツを作り込む必要があります。

有益なコンテンツを通じて、見込み客との間に信頼関係を築き、サービスの購入につなげる手法をコンテンツマーケティングと呼びます。コンテンツマーケティングは日本では数年前から主流になっているWEBマーケティングの手法です。今や大企業ですらブログを使い、コンテンツマーケティングによって集客する時代です。

こうしたブログによる集客を確実に成功させるためにはバズ部というWEBマーケティングのサイトを熟読するのが一番です。バズ部には書店で販売されているブログ集客術の本とは比較にならないほど分かりやすく、濃い情報が掲載されています。バス部に書いてあることを素直に実践すれば驚くほど集客力の高いブログを作ることができるはずです。しかも、バズ部では全てのコンテンツを無料で読むことができます。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA