「心理学の国家資格」公認心理師になるには?資格の内容を徹底解説!

まえがき

国家資格、公認心理師を徹底解説!

これまでは臨床心理士が日本で最も高く評価される心理カウンセラーの資格でした。しかし、日本初の心理学の国家資格として公認心理師が新たに誕生しました。2018年には記念すべき第一回目の試験が実施されます。

公認心理師とは

公認心理師は臨床心理学の専門知識によって、心の問題の援助を行う専門家です。2017年09月に施行された公認心理師法に基づく日本初の心理職の国家資格です。

臨床心理士と同様に、この資格を受験するには原則として大学院の卒業が必須です(公認心理師になる方法、受験資格については後述します)。そのため、この資格の保有者は心理の専門家として極めて高い信頼性を有していると言えます。

いままで医療分野で活躍する心理職のほとんどが臨床心理士でしたが、今後は公認心理師も医療をはじめとした高度な専門性が求められる分野で活躍することが予想されます。

公認心理師の仕事内容

公認心理師の仕事内容

どんな仕事をする資格なのかを理解するために、まずは公認心理師法の第二条を見てみましょう。

(一部略)保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門知識及び技術をもって、次に揚げる行為を行うことを業とする者をいう。

一、心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。

二、心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導、その他の援助を行うこと。

三、心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導、その他の援助を行うこと。

四、心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。

法律の条文なのでちょっと堅苦しくて分かりにくいですね。

簡単に言うと、こんな感じです。

  1. 心理査定(心の検査のこと)をする。
  2. 心理面接(カウンセリング)をする。
  3. 相談者の家族など関係者への相談援助も行う。
  4. 心理学の知識を広めて、メンタルヘルスについての教育などを行う。

カウンセリングをするだけではないことがわかりますね。

心理査定(しんりさてい)というのは馴染みが無い言葉かもしれませんが、心の検査のことで、その人の性格傾向や職業適性などを検査によって明らかにすることです。心理査定のことを心理検査とかアセスメントと呼ぶこともあります。

関係者に対する相談援助というのは、例えば「うちの息子がひきこもりで困っているんです」といったもので、心の問題を抱える本人ではなく、家族など周囲の人をサポートすることです。

心理学の知識について教育や情報提供をするというのは、例えば「最近、不登校の生徒が増えていて、どうやって対応すればいいか困っています」といった悩みを抱えた学校の先生を集めて、不登校を防ぐ方法や、不登校の生徒に対する接し方を教えるようなイメージですね。

こうして公認心理師の仕事内容を見てみると、その職務は、ほとんど臨床心理士と同じことが分かります。臨床心理士に興味のある方は臨床心理士の仕事内容を分かりやすく解説!も合わせてご覧下さいませ。

公認心理師になるには?

公認心理師になるには原則として大学の学部4年間で心理学を勉強した上で、大学院でさらに2年間、心理学を学ぶ必要があります。

つまり受験資格を得るだけでも6年もの間、大学で心理学の専門教育を受ける必要があるわけです。

但し、大学4年間で公認心理師に必要な科目を履修した上で、特定の施設で2年以上の実務経験を積むことでも、受験資格を得ることができます。

【合わせて読みたい】⇒1分で分かる!臨床心理士の資格を取得する方法とは?

高校生や浪人生の場合

今現在、高校生や浪人生で将来、公認心理師の資格を取得したい方は、大学の心理学部・心理学科に必ず入学するようにしましょう。この資格を取得する基本ルートは学部4年間と、院2年間、心理学の専門的な勉強をすることです。

また、受験する心理学部・心理学科が公認心理師のカリキュラムに対応しているかを必ずHPなどで確認しましょう。HPに情報が無ければ遠慮せず大学に電話して確認するようにして下さい。

関連記事

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA