教育カウンセラーになるには?資格の内容を分かりやすく解説!

教育カウンセラーになるには

教育カウンセラーとは

教育カウンセラーは教育に関わるカウンセラーの総称で、日本教育カウンセラー協会が発足した心理カウンセラーの民間資格です。

既に教育に携わっている人が、カウンセリングの技能を身に付け、仕事にいかすための資格です。

 

尚、スクールカウンセラーになるには臨床心理士の資格取得が必要です。

 

【合わせて読みたい】⇒資格を取得して心理カウンセラーになる方法

 

資格の特色

教育現場にカウンセリングの技法を取り入れるという点がこの資格の特色です。

カウンセリングの技術を用いつつ、授業、生徒指導、家庭訪問、三者面談、進路指導などを行います。

認定資格

教育カウンセラーの認定資格は初級中級上級の3種類があります。

初級はカウンセリングの技法を授業などに活用できるカウンセラーを意味します。中級は学校でカウンセリングのリーダーとして活躍できる教育者、上級は、高い専門性を背景に、研修会などを通じて他の教育カウンセラーを指導できる教育者を意味します。

初級教育カウンセラーになるには

実践歴が2年以上、各種研修講座参加が40時間以上で、教育カウンセラー養成講座を受講し、その講座の中で行われる50問程度の筆記試験に合格することで、初級教育カウンセラーになることができます。

実践歴とは教員としての実務経験やカウンセラーとしての実務経験を意味します。

中級教育カウンセラーになるには

以下の5つの受験資格をクリアした上で、試験に合格すれば中級教育カウンセラーの資格を取得できます。

受験資格

  1. 初級資格を持っている。
  2. 実践歴が5年以上である。
  3. スーパービジョンを1ケース以上受けている。
  4. 論文を1編提出すること。
  5. 初級・中級の「教育カウンセラー標準カリキュラム」を学習していること。

試験内容

試験内容は筆記試験、面接技法のロールプレイ、口述試験です。

上級教育カウンセラーになるには

以下の6つの受験資格を満たした上で試験を受けます。

受験資格

  1. 初級もしくは中級の資格を持っていること。
  2. 実践歴が7年以上あること。
  3. スーパービジョンを2ケース以上受けていること。
  4. 公式の場で発表済みの論文を2編提出できること。
  5. エンカウンターリーダー養成ワークショップでエクササイズ係を担当した経験があること。
  6. 初級、中級、上級の「教育カウンセラー標準カリキュラム」を学習していること。

試験内容

試験内容は筆記試験とスーパービジョンに関する実技と口述試験です。

関連記事

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA