副業としてのブログの始め方-月収3万円への道

前書き

前書きのコツはたった1つ。「短くせよ」だ。校長先生の話で覚えていることなど1つもない。副業にブログを選んだのはとても素晴らしい選択だ。おっと……長くなりすぎてしまった。貧血をおこす人が出る前に、前書きを終わらせなくては!

3万円稼ぐ、とっておきの秘訣、解説する……。

副業ブログでお金を稼ぐ仕組み

ブログでお金を稼ぐには、誰かの役に立つ文章を書き、そこに広告を張り付ける。

ただそれだけだ。

Googleアドセンスという広告サービスがある。要は天下のGoogle様が運営する広告だ。細かい設置方法(目玉焼きの作り方を覚えるより簡単)は他サイトの解説に譲るとして、Googleアドセンスは最も稼ぎやすく、初心者からプロまで、みんなが使っている頼りになる広告サービスである。

このGoogleアドセンスには、自動広告という驚くべき機能がある。たった数行のコードをブログに1回だけコピペすれば、全ての記事に勝手に広告が表示される。しかも、本文中の最もクリックされやすい位置を自動で割り出し、そこに、訪問者が高確率で興味を示すであろう広告を表示してくれるのだ。さすがは、人工知能の研究レベルが世界最高峰なだけある。人類が滅ぼされかねない賢さだ。

どのブログサービスを選べばいいか?

結論から言えば、はてなブログ有料版ワードプレス(WordPress)かの二択である。

ワードプレスとはブログサービスの名称ではなくアプリである。ワードプレスでブログを運営するにはレンタルサーバーを借りる(概ね月額600円~1000円くらい)。そしてサーバーにワードプレスをインストールする。どの会社のレンサバでも大抵はワードプレスの自動インストール機能がある。

ガチのマジの超本気の決死の覚悟で副業ブログを運営するなら、はてなブログよりもワードプレスを強くおすすめする。但しワードプレスは少し使い方が難しい(その分、笑いが止まらなくなるほどたくさんの便利機能が詰まっている!その気になれば天下もとれるほどすさまじい便利さだ)。『WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠』などの参考書があるとスムーズである。

稼げる副業ブログの鉄則

日記を書いてもお金は稼げない(徒然日記や土佐日記くらいハイクオリティーなら話は別だが……)。人様の役に立つ記事を書いてもお金は稼げない。ライバルサイトよりも優れた文章を書けば、いくらでも好きなだけ稼げる。と言えば言い過ぎかもしれないが、副業ブログの世界でも、他の業界と同じく過酷な生存競争は避けられない。弱肉強食は大自然の基本法則だ。インターネットの世界も事情は変わらない。

例えば、ブログAには「風邪を早く治すのはビタミンCが有効です」と書いてあったとする。なるほど、これは知らない人からすれば役に立つ情報だ。一方、ブログBには「風邪を早く治すには、ビタミンCと睡眠が大切です。また体を冷やさないことも重要です。なぜなら体温が1℃上がるだけで免疫力は5~6倍になるからです」と書いてあったとする。

GoogleやYahoo!といった検索エンジンは、性能がぶっ飛んでいるので(気持ち悪いくらい優秀なので)、運悪く関ケ原の合戦前夜に風邪を引いてしまった徳川家康が[風邪 早く治す 方法]と検索すると、情報の貧弱なブログAではなく、コンテンツが充実したブログBが上位表示される。

検索順位が低いと絶対に儲けられない。

[まとめ]

ライバルよりも優れた記事を書く⇒儲かる

ライバルよりも優れた記事を創出する4つの手順

手順①競合サイトの実力を知る

「敵を知り己を知れば百選危うからず」、古代中国の天才軍略家、孫子の言葉である。戦争もブログも競争という点では同じだ。まずは、敵の実力を把握する必要がある。そのためには、これから書くテーマについて、あーだ、こーだと検索してみるしかない。

例えば、「日本史の勉強法」というテーマで記事を書くならば、[日本史 勉強法]、[日本史 学習法]、[日本史 暗記 コツ]みたいなワードで検索し、検索結果の上位20サイトには必ず目を通すようにする。「え?そんなにたくさん!?」と思われるかもしれないが、それでも足りない程に、敵情視察は重要である。

情報収集にもなるので必ず実践していただきたい。

そして、十分に、競合を調査した上で、以下の2点について熟考する。

  • そもそも、このテーマに参入すべきか?競合サイトより優れたコンテンツを作れるか?
  • ライバルよりも充実したコンテンツを創出するにはどうすればいいか?

ライバルがあまりにも強すぎる場合はテーマを小さくするのがコツだ。「おすすめのアニメ」⇒「おすすめの日常系アニメ」⇒「おすすめの笑える日常系アニメ」とテーマを絞り込むことで競争を回避する。

手順②取材

小説家から新聞記者まで、取材なくして文章は書けない。材料無くしてはカレーは作れない。取材とは要はネタ集め、情報収集のことである。WEBは当然として書籍、雑誌、テレビ、新聞、ラジオetc…使える情報源はなんでも貪欲に利用する。中でも図書館での情報収集はオススメである。

取材が甘いと絶対に良い文章は書けない。

手順③伝わる文章を書く

「自分ならこの文章を読みたいと思うか?」と絶えず自問自答しながら、いかに分かりやすさを損ねることなく、短く簡潔に書けるかを追求する。最小の文字数で最大のわかりやすさを目指す。また、前置きは短いほどいい。

手順④タイトルをつける

  • 重要なキーワードを必ずタイトルに含める。カルボナーラのレシピについての記事なら「カルボナーラ」と「レシピ」をタイトルに含める。
  • なるべく数字を使う。「やる気を出す方法」よりも「やる気を出す13のコツ」の方が良いタイトルである。
  • タイトルは絶対に32文字以内する。

ブログのネタを発想する方法

実体験ネタは最強

実体験ほど優れたネタはない。何かに困ってそれを解決した際に分かったこと。病気の体験談。笑える話。まずはそうした実体験をネタに記事を書くとうまくいく。

自分にとっては当たり前のこと。別段、人に教えるようなことでもない。と思えても、実は他人からすると貴重な情報だったりするのだ。

PC画面の前でうんうんうなってもアイデアは出てこない

画面ではなく紙とペンで考える方がネタを思いつきやすい。また、外出は最強のネタ出しテクニックである。何を書いていいか分からなくなったら迷わず散歩しよう!

楽しくなければブログではない

「楽しくなければ仕事ではない」-とある技術コンサルタントの方の言葉である。筆者はこの方を尊敬していた。デスクが隣同士だったので、いつも面白い話を聞かせてもらったものだ。

ところで、副業ブログで稼ぐ秘訣はうまくいくまで続けることである。というのも、数か月の間、収益ゼロの状況が続き、あるとき突然、数千円、数万円と大きく稼げるようになるからだ。最初の数か月の0円期間で大半の人が挫折する。

挫折を防ぐには楽しむことだ。楽しくなければブログではない。書くことを面白がる技術が何よりも大切である。それさえできれば、もはや勝利は確約されたも同然である。

幸い書くことは自分を癒し、他人も癒す行為だ。素直になることがコツだ。たったそれだけの工夫で、ブログは断然、楽しくなる。その結果、継続は力を与えてくれる。稼ぐ力である。

よくある質問

3万円稼げるようになるまでの期間はどのくらい?

3か月~半年くらい。

1記事あたり何文字くらい書けばいいの?

2000文字以上が望ましい。

他にも質問したいことがある方は、ruru@rurupi.xyzまでお気軽に!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA