アフィリエイトで驚くほど稼げる記事を作る9つのノウハウ

まえがき

超アフィリエイト入門講座の「第3回」です。今回も市販のアフィリエイト関連書籍ではなかなか学ぶことのできないとっておきのノウハウをご説明いたします

第2回で解説しましたが、アフィリエイトで成功するために必要な3つの戦略は下記のようになります。

  1. 適切なテーマ選定
  2. 素晴らしいコンテンツ(記事)を書くこと
  3. SEO対策のノウハウ

第2回では「①適切なテーマ選定」について、4つの秘訣を詳しく解説しました。

今回の第3回では、「②素晴らしいコンテンツ(記事)を書くこと」について、詳しく解説します。

つまり、最短で月収5万円を実現するための「稼げる記事の書き方」をご紹介します。

この記事を読めば、アフィリエイト初心者の方はもちろん、月収5,000円未満の伸び悩んでいるアフィリエイターの方も、驚くほど効果的な記事作成テクニックを知ることができます。

まずは簡単に、超アフィリエイト入門講座【第2回】の復習から入りたいと思います。

超アフィリエイト入門講座【第2回】の復習

  • 秘訣①まずは興味を最優先してテーマを絞り込むこと。
  • 秘訣②興味で絞り込んだら、競合度=SEO難易度のスコアでテーマを絞り込むこと。SEO難易度のスコアの目安は30~40。
  • 秘訣③興味とSEO難易度で絞り込んだら、さらにニーズ=月間検索数でテーマを絞り込むこと。
  • 秘訣④興味、SEO難易度、月間検索数で絞り込んだら、最後に継続的に素晴らしい記事を書くための資料性(=ネタ)があるかどうかで絞り込むこと。
  • 秘訣①~④の手順でテーマを絞り込む作業には最低でも数週間、できれば1ヶ月は時間をかけること。焦って、ダメダメなテーマで見切り発車しないこと。

超アフィリエイト入門講座【第2回】テーマ選定の4つの秘訣

アフィリエイトにおける稼げる記事とは

アフィリエイトでは「いかに検索エンジンから集客できるか」で勝敗が決まります。SNS経由のアクセスももちろんありますが、それは微々たるもので、ほとんどのアクセスは検索エンジン経由です。つまり、Google、Yahoo!でいかに上位表示されるかに全てがかかっています。

検索エンジンは質の高い記事(コンテンツ)ほど上位表示します

従って、【質の高い記事を書く】⇒【検索エンジンで上位表示される】⇒【アクセスがたくさん集まる】⇒【広告を多くの人に見てもらえる】⇒【稼げる】という単純な図式が成り立ちます。

アフィリエイトにおける稼げる記事は以下の3点を満たしている記事です。

  1. 検索ユーザーの生活の質を高めるような徹底的に質にこだわった記事であること。
  2. 同じテーマを扱っているライバルサイトよりも優れた記事であること。
  3. 読みやすく、説得力のある記事であること。

このような「稼げる記事」を制作するための具体的で効果的な方法を順を追ってご説明します。

スポンサードリンク



稼げる記事を書く手順

具体的な稼げる記事を書くためのノウハウはこの後、詳細に説明します。ここでは稼げる記事を書くための8つの手順を理解しましょう。

    1. ライバルサイト、ライバル記事を分析する。
    2. 上位表示を狙っているキーワードを元にユーザーが欲しがっている情報を明らかにする。
    3. これから書くトピックについて徹底的に調査する。
    4. 記事を書く。
    5. タイトルを決める。
    6. 誤字脱字や、不自然な点がないかチェックする。
    7. 記事を公開する。
    8. 公開済みの記事をさらに改良する。

アフィリエイトの記事は、基本的に以上の8つのステップで書きます。今は細かい点は分からなくても心配ありません。この記事を読み終わる頃には完璧に理解できているはずです。

ポイントは手順1~3を経て、ようやく「4、記事を書く。」に至る点です。実は、実際に文章を書く時間よりも、そのための準備をする時間の方が遥かに長いのです。

時間配分のイメージとしては、仮に5時間かけて1本の記事を書くとすると、準備に3時間、執筆に1時間、見直しに1時間といった具合です。

アフィリエイトの記事を書く手順がなんとなく分かったところで、これから9個のノウハウをご紹介します。ノウハウ①~③は執筆のための「準備」のテクニックです。

記事作成ノウハウ①ライバルサイトを超える

あなたがこれから書く記事の99%には既にライバルサイトが存在しています。

アフィリエイトの記事を書くにあたっては、まずライバルサイトを分析し、それより優れた記事を書くことが絶対に必要です。

ここで言う、ライバルサイトとは狙っているキーワードで検索し、1位~10位に出てくる記事のことです。

ライバルサイトより優れた記事を書けば、自然と、ライバルサイトよりも上位表示され、アクセスもどんどん集まります。そうすれば、広告収益もバンバン伸びます。

その理由は単純で、検索エンジンは質の高い記事ほど上位に表示するからです。

例えば、インターネットの世界に、「風邪の治し方」に関する記事は1個しかないとします。このライバル記事には「風邪を治すにはビタミンCをとるといいですよ」と書いてあるとします。

そうしたら、あなたは、この唯一のライバル記事よりも優れた内容のものを書けばいいわけです。例えば、「風邪を治すにはビタミンCをとるといいですよ。ビタミンCを効率的にとるにはミカンを食べるのがおすすめです。また体温を上げると免疫力が高まり、風邪の治りが早まるので、背中や腰にホッカイロを貼るのも効果的です」と書いてはいかがでしょう。

あなたが書いた「風邪の治し方」に関する記事の方が、ライバル記事よりも明らかに優れていますよね。

この要領で、ライバルサイトを分析し、ライバルに足りない点や、ライバル記事のわかりにくいところを明らかにした上で、「ライバルサイトを超える記事」を書くようにします。

記事作成ノウハウ②検索意図を考え抜く

アフィリエイトブログなどで、新規に記事を書く際は、どんなキーワードで上位表示されたいかを予め決めておきます。以後、この記事では、こうした上位表示を狙うキーワードをSEOキーワードと呼ぶことにします。

SEOキーワードを決めたら、そのキーワードの検索意図を考え抜くようにします。検索意図とは「なぜそのキーワードで検索したか」のことです。

例えば、「中古パソコン 購入 注意」というキーワードの検索意図は「中古パソコンをこれから買おうと思っているけれども、後悔の無い、賢い買い物をしたい。その際、中古パソコン特有の購入時の注意点を知りたい。例えば、OSはWindows7かいいか、それともWindows10がいいか。を知りたい」といったものです。

なぜ検索意図を考え抜く必要があるかと言うと、そのキーワードで検索する人が「どんな情報を知りたがっているか」を知ることが絶対に必要だからです。

どんなに時間をかけて熱のこもった記事を書いても、「検索ユーザーが本当に知りたい情報」が載っていなければ、質の高い記事とは言えませんよね。

検索意図からニーズを知る方法

検索意図を分析する際は、以下の3点に注意します。

  1. どういう目的があってそのキーワードで検索しているのか?
  2. その検索ユーザーはどんな「悩み」、「疑問」、「不満」を抱えているのか?
  3. その検索ユーザーはどんな人か?今現在、何をしていて、将来どうなりたいのか?

こうして検索意図を分析することで、「検索ユーザーが本当に欲しい情報は何か」を推し量ることができます。

実際に検索意図を分析し、情報ニーズを明らかにしてみよう!

例えば、先ほどの「中古パソコン 購入 注意」というSEOキーワードで検索する人はどのような情報を欲しがっているでしょうか。

試しに、このSEOキーワードを分析してみましょう。

このSEOキーワードの検索意図を簡単に分析するだけでも、以下のようなことが分かります。

  • 中古パソコンの購入を考えていて、賢い買い物がしたい。
  • そのために中古パソコン特有の購入時の注意点を知っておきたい。
  • 検索ユーザーは、パソコンに詳しい方ではなく、中古パソコンを購入した経験も少なめ。予算の都合で新品のパソコンを買うのは厳しい。そして今使っているパソコンに不満を感じている。賢く中古パソコンを購入することで、「Excelを使う」とか「ゲームをする」といったことが、快適にできるようになりたい。

上記の内容を踏まえて、検索ユーザーはきっとこんな情報を欲しがっています。

  • 中古パソコンを購入することのメリット/デメリット。
  • どんな機種を選ぶべきか?OSは?メモリは?デスクトップ?それともノート型?
  • 中古パソコンの注意点①中古のノートパソコンのバッテリーは死んでいることが多いので持ち歩きには不向き。
  • 中古パソコンの注意点②「オフィス搭載」と書いてあっても、マイクロソフトのOfficeではなく、他社製のニセモノのことも多いので注意。
  • 1万円で買えるものもあるが、スペックが低すぎるので、2万円台が狙い目。
  • 3カ月保証のついているものを買おう。
  • 事務作業が目的なら~という中古パソコンがおすすめ。
  • ゲームが目的なら~という中古パソコンがおすすめ。
  • ネットで中古パソコンを購入する場合は~という店が安くてアフターケアも充実していておすすめ。

このように、検索意図を分析した上で、検索ユーザーの気持ちになりきって、「どんな情報を提供したら喜ばれるか」を徹底的に洗い出します。

記事作成ノウハウ③徹底的に調べる

ライバルサイトの分析、検索意図の分析に続いて、「これから書く記事のトピックについて徹底的に調べる」という準備をします。この3つの準備がしっかりできて、はじめて本文の執筆にとりかかることができます。

十分に調べなければ、けっしてユーザーの生活の質を高められるような素晴らしい記事を書くことはできません。

これから書く記事のトピックについて調査を行う手順

調査の手順は以下の通りです。

  1. SEOキーワードや、そのキーワードと関係の深いキーワードで検索し、検索結果の上位30件の記事を熟読する。必要ならメモをとる。
  2. 本、雑誌、学術論文、テレビ、ラジオ、YouTubeの動画など、これから書く記事をより良いものにするために役立ちそうな、あらゆる情報を集める。本屋での立ち読み、Amazonの1円本、ブックオフの100円本、図書館などを有効活用する。ときには定価で本や雑誌を買う。

こうした調査にはお金も時間もかかりますが、適当な調査では、けっして良い文章は書けません。あなたが運営するアフィリエイトブログのメインテーマについての専門家になる意気込みで、徹底的に調べ、徹底的に学ぶことが何よりも重要です。

記事作成ノウハウ④分かりやすく簡潔に書く

「読まれる記事」を書くためには分かりやすく簡潔に書くことが物凄く重要です。

基本的に人間にとって文章を読むことは想像以上にエネルギーがいる作業です。読者の多くは「この文章を読めば何か役立つ情報をゲットできるかもしれない。でも、めんどくさい!」と思うわけです。

それに、どんなにアクセスを集めても、どんなに内容が素晴らしくても、最後まで読まれなければなんの意味もありませんよね?

また、インターネットの世界では、普通よりも文章が読まれにくいのです。本や雑誌とは違って、情報はタダで手に入るものであり、なんとなく検索してたまたまたどり着いたものにすぎません。お金を払って買った情報なら「せっかく買ったのだから」と、ある程度、積極的に読もうとします。

この3つの理由から、①分かりやすいこと、②簡潔に書くこと、の2点は超重要です。

実際に読まれる文章を書く際は、以下の5点に注意します。

  1. 必要最低限の文字数で簡潔に書く。「もっと少ない文字数で、もっと読まれる文章を書けないか?」と自分に問いかける。
  2. できるだけ専門用語を避け、わかりやすい言葉で書く。
  3. 1文はなるべく短くする。
  4. なるべく箇条書きを多く使う。
  5. うまい比喩表現や例え話はないか?

記事作成ノウハウ⑤記事の冒頭で動機を高める

記事の書き始めの部分の目的は「この文章を読むとこんな良いことがあるよ」というメッセージを伝え、読者の「この記事を読みたい」という気持ちを高めることです。

例えば、あなたが今ご覧になっている、この記事であれば「この記事を読めば月収5万円を最短で実現するための効果的なアフィリエイトの記事を書く方法が分かります」などと書きます。

記事を読むメリットを提示する際は、可能ならば、根拠も挙げるようにすると効果的です。

例えば、「風邪の治し方」に関する記事であれば、「この記事を読めば辛い風邪を早く治す方法を知ることができます」とメリットを提示した上で、「これからご紹介する方法は現役の内科医から直接、聞いた方法です」のように根拠を示します。

記事作成ノウハウ⑥記事タイトルはベネフィットと数字を入れ32文字以内にする

ついついクリックしたくなるような魅力的な記事タイトルをつけることができなければアクセスを集めることも、アフィリエイトで稼ぐことも難しいでしょう。

読まれない記事に意味はなく、記事を読むかどうかはタイトルで判断されるからです。

記事タイトルを決める際は以下の4点に注意します。

  1. SEOキーワードを必ず含める。
  2. 32文字以内にする。
  3. ベネフィット(記事を読んで得られる効果)を含める。例⇒ダイエットの方法分かる。
  4. できる限り数字を含める。

例えば、「初心者向けのランニングの方法」に関する記事であれば、「初心者のためのランニングの始め方|3日坊主を防ぐ11のコツ」などとします。

記事作成ノウハウ⑦音読し文章を整える

本文を書き終えたら、黙読ではなく、音読をし、誤字脱字や「分かりにくいところ」、「不自然な文章」を修正します。

記事作成ノウハウ⑧公開後もリライトし続ける

記事を公開してそれで終わりではありません。公開後も定期的にリライトします。リライトとは加筆訂正のことです。成功しているアフィリエイターやブロガーは皆口を揃えて「リライトは超重要!」と言います。

記事作成ノウハウ⑨商品レビュー記事の書き方

商品やサービスのレビュー記事を書く方法をご紹介します。

アフィリエイトにおいて商品レビュー記事を書く際は、以下の点に注意して書きます。

  1. 冒頭で「一番伝えたいこと」、「何を紹介するのか」を書く。
  2. 説得力を出す。何かを主張したら、なるべく根拠を書く。根拠は具体的なほど良い。数字も大切。
  3. なぜその商品を購入しようと思ったのか?
  4. どうしてその商品を使ってみたいと思ったのか?
  5. 購入に至るまで、自分はどういう行動をしたか?
  6. その商品を使ってみて良かった点にはどんなものがあるか?
  7. その商品を使ってみて悪かった点にはどんなものがあるか?
  8. どんな人、どんな悩みにおすすめの商品なのか?
  9. その他、この商品の購入を検討している人が「教えてもらえると嬉しい情報」にはどんなものがあるか?
  10. 必ず実際にその商品を使っている画像を掲載する。
  11. Q&Aを含めるようにする。
  12. 可能ならば他の商品と比較する。

「④購入してみて良かった点」と「⑤購入してみて悪かった点」は全て正直に書くようにします。「売りたい、アフィリエイトで儲けたい」という気持ちが強いと、「悪かった点」を控えめに書きたくなりますが、それは逆効果です。悪い点を率直に書くことは読者の信頼を得ることにつながるからです。

また、悪い点を書く際は、良い点で悪い点をサンドイッチにします。良い点⇒悪い点⇒良い点という文章構成にするのです。

例えば、コンビニ弁当のレビューであれば「コンビニ弁当は夜中でも手軽に買えて便利です。しかし、自炊に比べて値段が高いですし、栄養価も悪いです。そうは言っても、最近のコンビニ弁当は味もかなりいいですし、種類も豊富な点が魅力ですよね。」という具合に書きます。

また、「②説得力」はとても重要です。納得感が無ければ読者は商品を買ってくれませんからね。

説得力を出すには「何かを主張したらできるだけ根拠を示す」のが一番です。根拠は具体的であるほど効果的です。また、数字を使うことでも説得力を高めることができます。

例えば、「ノートパソコンを買うならWindows搭載機が一番です。ほとんどのソフトはWindowsに対応していますし、操作で困ったときもWindowsならネットで簡単に対処法を見つけることができます。それに、全世界の80%以上の人がWindowsを使っています。私も3台ノートパソコンを持っていますが全部Windows機です。かれこれ13年間、Windowsを愛用しています」といった具合です。

商品レビュー記事の文章例

以下の写真の商品(パナソニックのフットマッサージャー)のレビュー記事を通じて、商品レビューの文章例を簡単にご説明します。

例文はちょっと長めですが、商品レビュー記事の書き方を知るには実例にあたるのが一番です!

【一番伝えたいこと・何を紹介するのか】
今回、ご紹介するのはパナソニック ・エアーマッサージャー ・レッグリフレです。結論から言えば、ちょっと高めですが、買って大正解でした。実際に、悩みだった足の気持ち悪いダルい感じとむくみが取れたからです。

【なぜ購入した?どうして使ってみたいと思った?】
立ち仕事なため、足がダルくなったり、むくむことが多く、マッサージ店にしょっちゅう通うのもお金がかかるので、思いきってフットマッサージャーを購入することにしました。一度、マッサージ機を買えばずっと使えるので、マッサージ店に通うより遥かに安く済みますしね。後、フットマッサージャーであれば大型のマッサージ機と比べて場所を取らないのがいいかなと思い購入に踏み切りました!

【購入に至るまでどんな行動をした?】
基本はネットで買おうと思って、Amazonや楽天で良さげなフットマッサージャーを探しました。フットマッサージャーの価格はピンキリで8,000円くらいのものから、3万円近いものまであり、いろいろ悩みました。最終的にはレビューが充実しているAmazonで買うことにしました。同じ商品でも楽天よりAmazonの方が安いことがほとんどですしね。また、安物買いの銭失いになってしまったら意味がないので、2万円~3万円の価格帯のものを買うことにしました。さらに、海外の家電メーカーはなんとなく信頼できないので国内メーカーのものを選ぶようにしました。結果的にレビュー数が200件以上あり、評価も星4のパナソニック ・エアーマッサージャー ・レッグリフレを27,861円で購入しました。

【購入してみて良かった点、悪かった点】
このパナソニック ・エアーマッサージャー ・レッグリフレを購入してからというもの、夜、仕事を終えて家に帰るのが楽しみになりました。「めっちゃ気持ちいい」からです。足の裏はもちろん、ふくらはぎやふとももまで8種類のモードでほぐしてくれます。しかし、一番がっかりした点は「もむ力が弱いこと」です。強さを3段階、選べるのですが、一番強い「強」にしても、物足りない感がけっこうありました。あと15分使うごとに、いったん停止してしまうので、いちいち、スイッチを入れ直すのがめんどうです。とは言え、もっと強くもんで欲しいという不満はあるものの、実際に、足のダルさやむくみは8割方解消したので結果的にはとても満足しています。おかげで安眠できるようにもなりましたしね!

【他の商品との比較】
以前、中古で5,000円のフットマッサージャーを買ったことがありますが、たいして気持ちよくない上に、足のダルさやむくみが全く解消されなかったので、結局3週間くらいで、使わなくなってしまいました。

【どんな人におすすめか?】
私と同じように気持ちの悪い足のダルさやむくみに悩んでいる方におすすめです。

【この商品に興味がある人が知りたそうなこと・Q&A】
Q:どんなもみほぐし方ですか?
A:空気の力で締め上げるようにもみほぐす感じです。あと個人的におすすめなのが、「絞り上げ」という機能で、なかなか出なくなったワサビのチューブから中身を絞り出すときみたいに、足を絞り上げる機能です。体の下の方に溜まった悪い物質をうまく流してくれるような感じですごく気持ちいいです!

以上で商品レビュー記事の書き方を終わります。

アフィリエイト記事作成に関するQ&A

Q1:文字数は何文字くらいがいいですか?

A1:最低でも1000文字以上は書きましょう。1000文字以上であれば、何文字でも構いません。

Q2:1記事書くのにどれくらい時間を使うべきですか?

A2:どんなに短くても90分~2時間はかけるようにしましょう。それ以下の時間で読者の心を動かす素晴らしい記事を書くのは不可能です。1記事書くのに5時間~10時間かかることもあります。文章を書くこと自体にはそう多くの時間はかかりませんが、「準備」にはかなりの時間がかかります。

Q3:素晴らしい記事を書く一番のコツはなんですか?

A3:画面の向こうの生身の人間を意識して下さい。その人に感謝のコメントをもらえるような文章を書くように心がけましょう。また「自分だったら心の底からこの記事を読みたいと思うだろうか?」と自問自答してみるのも一手です。

Q4:文才は必要ですか?

A4:文才もセンスも一切不要です。分かりやすい文章を心がけるだけで十分です。短い言葉で簡潔に。専門用語はなるべく避け簡単な言葉を使う。箇条書きにできるところは箇条書きにする。といった工夫をしましょう。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐのは簡単です。【質の高い記事】を書けば、上位表示され、アクセス数が増え、広告収益はどんどん増えます。

ここでアフィリエイト初心者が陥りがちな失敗パターンをご紹介しましょう。

【質の低いダメダメな記事をたくさん書く】⇒【どの記事も検索順位50位~100位】⇒【ほとんど全ての記事が誰からも見られない】⇒【いくらがんばっても稼げない!と思い込む】⇒【アフィリエイトを諦める】

1時間で書けるような適当で低品質な記事を100本書いてもなんの意味もありません。質の低い記事は検索順位の奥底に埋もれて、誰も見ないので、ネット上に存在していないことと同じだからです。

百歩譲って、その低品質な記事が奇跡的に上位表示され、たくさんのアクセスを集めたとしても、ダメダメ記事を読んだ人は、「このサイトで紹介されている商品を買おう!」なんて絶対に思いません。「使えないサイトだな」と思って速攻で戻るボタンを押されるだけです。

ですから、ライバルサイトをよく研究し、検索意図をしっかり分析し、その分野の専門家になるつもりで調査・学習します。その上で、どこよりも質の高い、ユーザーを120%満足させる記事を書くようにしましょう。

アフィリエイトで儲けるのは簡単なのです。ただ単に徹底的に質にこだわってコンテンツを作り込むだけでいいのですから。

 

超アフィリエイト入門講座トップページに戻る

 

関連記事

 

スポンサードリンク



 

[広告]Amazonで一番人気のアフィリエイトに関する本をチェックしよう!